Baba Lab.
Department of Biomolecular Engineering, Graduate School of Engineering,
Nagoya University 名古屋大学大学院工学研究科 生命分子工学専攻 馬場研究室

News

2019

Jul 1, 2019

A paper on PM2.5 Particle Detection in a Microfluidic Device by Using Ionic Current Sensing was featured as Best Paper Award in 2018 for Analytical Sciences

嶋田先生のPM2.5検出に関する論文が、Analytical Sciences Best Paper Award in 2018に選出されました。誠におめでとうございます。

The paper for this distinction is selected from "Hot Articles" appearing in each year, and is determined by the editorial board members. Since "Hot Articles" are nominated from among "Original Papers, Rapid Communications, Notes, Advancements in Instrumentation", and Reviews, the best paper deserves a prestigious award from among all of the papers published during the year.

Taisuke SHIMADA, Hirotoshi YASAKI, Takao YASUI, Takeshi YANAGIDA, Noritada KAJI, Masaki KANAI, Kazuki NAGASHIMA, Tomoji KAWAI, Yoshinobu BABA,
PM2.5 Particle Detection in a Microfluidic Device by Using Ionic Current Sensing
Analytical Science, 34, 1347-1349, 2018

Jun 25, 2019

Mr. Quanli Liu (PhD student) received the CSJ Student Presentation Award 2019 at the 99th CSJ Annual Meeting organized by The Chemical Society of Japan.

大学院生のLiu君が、日本化学会第99春季年会において、学生講演賞を受賞しました。誠におめでとうございます。
Q. Liu, T. Yasui, N. Kaji, Y. Baba
Hydrothermal Synthesis of Low Dense Array of Long ZnO Nanowires

Jun 21, 2019

A paper on Geometry Based Self-Assembly of Histone-DNA Nanostructures at Single-nucleotide Resolution was accepted by ACS Nano.

King Abdullah 大学のMaged F. Serag先生との共同研究成果が、ACSNanoに採択されました。誠におめでとうございます。

Maged F. Serag, Aimaiti Aikeremu, Ryoko Tsukamoto, Hubert Piwoński, Maram Abadi, Noritada Kaji, Jason R. Dwyer, Yoshinobu Baba, Satoshi Habuchi,
Geometry Based Self-Assembly of Histone-DNA Nanostructures at Single-nucleotide Resolution
ACS Nano, 2019, 13, in press.

Jun 20, 2019

A paper on Ultrasensitive detection of disease biomarkers using an immuno-wall device with enzymatic amplification was accepted by Analyst

北海道大学・渡慶次先生との共同研究成果であるイムノウォールデバイスについての論文が、Analystに採択されました。誠におめでとうございます。Nishiyama, T. Kasama, K. Ishikawa, D. Onoshima, H. Yukawa, M. Maeki,
Ishida, H. Tani, Y. Baba, M. Tokeshi
Ultrasensitive detection of disease biomarkers using an immuno-wall device with enzymatic amplification
Analyst, 2019, 144, in press.

May 23, 2019

A poster for the collaboration with Prof. Fujiwara and Prof. Hatano received the poster award at the 1st Meeting of the Quantum Life Science Society.

大阪市立大学・藤原先生、東京工業大学・波多野先生との共同研究成果が、量子生命科学会第1回大会において、優秀賞を受賞しました。誠におめでとうございます。
藤原正澄、湯川博、小林香央里、梅原有美、公文優花、宮地冬、岩崎孝之、波多野睦子、橋本秀樹、馬場嘉信
ナノダイヤモンド量子温度センシングとその汎用計測システムの開発

May 23, 2019

Mr. Miyaji (Graduate student) received the best poster award at the 1st Meeting of the Quantum Life Science Society.

大学院生の宮地君が、量子生命科学会第1回大会において、最優秀賞を受賞しました。誠におめでとうございます。

宮地冬、湯川博、小野島大介、藤原正澄、西村勇姿、馬場嘉信
蛍光ナノダイヤモンドによる幹細胞再生機能温度センシング

May 10, 2019

A book chapter on Nanobiodevices for Cancer Diagnosis and Stem Cell Therapeutics was published in Applications of Microfluidic Systems in Biology and Medicine

小野島先生、湯川先生の著書(Nanobiodevices for Cancer Diagnosis and Stem Cell Therapeutics in Applications of Microfluidic Systems in Biology and Medicine)が、出版されました。

 

D. Onoshima, H. Yukawa, Y. Baba,

 

Nanobiodevices for Cancer Diagnosis and Stem Cell Therapeutics,
in Applications of Microfluidic Systems in Biology and Medicine,
M. Tokeshi (Ed.), Springer Nature Singapore Pte Ltd., 2019, Chap. 10, pp. 275-300.

May 1, 2019

嶋田泰佑先生が、助教として着任されました。

May 1, 2019

A review on Cancer Diagnosis by Nano-analytical Technology based on Chemistry for Multimolecular Crowding Biosystems was published in Chemistry & Chemical Industry, 2019, 72, 410-412.

湯川先生の分子夾雑生命化学に関する解説が、化学と工業に掲載されました。

 

湯川博、馬場嘉信

分子夾雑生命化学に基づく新規計測技術のがん診断への展開

ナノバイオ夾雑環境デバイスによる肝がん細胞由来エクソソームの血管新生評価

化学と工業, 2019, 72, 410-412.

May 1, 2019

A review on In vivo Fluorescence Imaging of Transplanted Stem Cells by Quantum-nanoparticles for Regenerative Medicine was published in Chemical Industry, 2019, 70, 234-240.

湯川先生の量子ナノ材料による幹細胞イメージングに関する解説が、化学工業に掲載されました。

湯川博、馬場嘉信
量子ナノ材料による移植幹細胞in vivo蛍光イメージングと再生医療
化学工業, 2019, 70, 234-240.

Apr 30, 2019

A paper on Water-Organic Cosolvent Effect on Nucleation of Solution-Synthesized ZnO Nanowires was accepted by ACS Omega.

九州大学 長島先生・柳田先生との共同研究成果であるZnOナノワイヤについての論文が、ACS Omegaに採択されました。誠におめでとうございます。

Akihiro, K. Nagashima, T. Hosomi, M. Kanai, H. Anzai, T. Takahashi, G. Zhang, T. Yasui, Y. Baba, T. Yanagida
Water-Organic Cosolvent Effect on Nucleation of Solution-Synthesized ZnO Nanowires

ACS Omega, 2019, 4, in press.

Apr 29, 2019

A paper on Micro- and Nanopillar Chips for Continuous Separation of Extracellular Vesicles was accepted by Anal. Chem.

九州大学 加地先生との共同研究成果である細胞外小胞・エクソソーム分離についての論文が、Anal. Chem.に採択されました。誠におめでとうございます。

Hattori, T. Shimada, T. Yasui, N. Kaji, and Y. Baba,

Micro- and Nanopillar Chips for Continuous Separation of Extracellular Vesicles

Anal. Chem., 2019, 91, in press.

Apr 17, 2019

A paper on Monitoring spin coherence of single nitrogen-vacancy centers in nanodiamonds during pH changes in aqueous buffer solutions was accepted by RSC Advances.

湯川先生と大阪市立大学との共同研究成果であるナノダイヤモンドNVセンターについての論文が、RSC Advancesに採択されました。誠におめでとうございます。
Fujiwara Masazumi, Tsukahara Ryuta, Sera Yoshihiko, Yukawa Hiroshi, Baba Yoshinobu,  Shikata Shinichi, Hashimoto Hideki, 
Monitoring spin coherence of single nitrogen-vacancy centers in nanodiamonds during pH changes in aqueous buffer solutions
RSC Advances, 2019, in press.

Apr 12, 2019

Research & Development of Sensor with AI for Antimicrobial Resistance (AMR) supported by ImPACT, CSTI was cited in the Nippon Keizai (NIKKEI) Newspaper. 内閣府・ImPACTの研究成果が 日本経済新聞電子版に掲載されました。

名古屋大、多剤耐性菌、病院・屋外で検出

Apr 12, 2019

Research & Development of Sensor with AI for Antimicrobial Resistance (AMR) supported by ImPACT, CSTI was cited in the NIKKEI SANGYO Newspaper. 内閣府・ImPACTの研究成果が日経産業新聞に掲載されました。

名古屋大、AIとナノテク活用
多剤耐性菌、病院・屋外で検出 感染拡大、人類の脅威に

Apr 8, 2019

小野島先生が、平成30年度名古屋大学COI若手顕彰において、産学官イノベーション賞を受賞しました。誠におめでとうございます。

Apr 1, 2019

馬場教授が、国立研究開発法人 量子科学技術研究開発機構 量子生命科学領域 領域長に就任されました。

Prof. Baba became a Director for Institute of Quantum Life Science, National Institutes for Quantum and Radiological Science and Technology.

Apr 1, 2019

有馬 彰秀先生が、特任助教として着任されました。

嶋田 泰佑先生が、日本学術振興会 特別研究員(PD)として着任されました。

Zhu Zetao先生が、日本学術振興会 特別研究員(PD)として着任されました。

Mar 31, 2019

馬場先生のナノバイオデバイスとAIが拓くSociety 5.0・健康長寿社会に関する解説が、化学とマイクロ・ナノシステム誌に掲載されました。

Review article on Nanobiodevbices and AI for Scietity 5.0 and Future Healthcare was published in Chemistry and Micro-Nanosystems, 2019, 18, 1-6.

馬場嘉信、
ナノバイオデバイスとAIが拓くSociety5.0・健康長寿社会、
化学とマイクロ・ナノシステム, 2019, 18, 1-6.

Mar 31, 2019

大学院生の長縄さんと安井先生の酸化物ナノワイヤによる尿中microRNAの回収と解析の論文が、化学とマイクロ・ナノシステム誌に掲載されました。A paper on Urinary microRNA Collection and Analysis using Nnowire Devices was published in Chemistry and Micro-Nanosystems, 2019, 18, 34-35.

長縄豪、安井隆雄、柳田剛、加地範匡、長島一樹、鷲尾隆、馬場嘉信、
酸化物ナノワイヤによる尿中microRNAの回収と解析、
化学とマイクロ・ナノシステム, 2019, 18, 34-35.

Mar 23, 2019

大学院生の公文さんが、第18回日本再生医療学会総会において、Poster Teasers(優秀演題)を受賞しました。誠におめでとうございます。

幹細胞由来エクソソームイメージングと再生医療への展開

Mar 20, 2019

馬場先生のナノバイオデバイスが拓く未来医療の解説が、岩波新書の第30回日本医学会総会記念出版本として出版されました。

馬場嘉信、
ナノバイオデバイスが拓く未来医療、
岩波新書 医の希望、齋藤英彦編、2019、pp. 63-102.

Mar 19, 2019

九州大学 柳田先生および京都大学 長谷川先生との共同研究成果である、金属酸化物ナノワイヤ表面上での分子変換解析方法に関する論文が、Nano Lett.に採択されました。誠におめでとうございます。

Wang, C.; Hosomi, T.; Nagashima, K.; Takahashi, T.; Zhang, G.; Kanai, M.; Zeng, H.; Mizukami, W.; Shioya, N.; Shimoaka, T.; Tamaoka, T.; Yoshida, H.; Takeda, S.; Yasui, T.; Baba, Y.; Aoki, Y.; Terao, J.; Hasegawa, T.; Yanagida, T.
Rational Method to Monitor Molecular Transformations on Metal Oxide Nanowire Surfaces
Nano Lett., 2019, in press.

Mar 13, 2019

湯川先生と名古屋市立大学との研究テーマ(肝炎等克服実用化研究)がAMEDに採択されました。誠におめでとうございます。

課題名:「C型肝炎の直接作用型抗ウイルス薬による治療後の病態変化に影響を及ぼす宿主因子等の同定を目指したゲノムワイド研究」

Mar 1, 2019

安井先生のナノワイヤによるバクテリア単一細胞破砕と単一細胞識別に関する論文(ACS Nano, 2019, 13, 2262–2273 DOI: 10.1021/acsnano.8b08959)に関する成果が、日刊工業新聞に掲載されました。

ナノワイヤで破砕 微生物の種類特定

名大、感染症予防に活用

Feb 18, 2019

小野島先生の分子夾雑化学に関する解説が、現代化学に掲載されました。誠におめでとうございます

小野島大介、馬場嘉信

分子夾雑と診断 がん医療への展開

現代化学, 2019, No. 576, 37-39

Feb 4, 2019

ナノワイヤによるがん診断技術に関する成果が、朝日新聞に掲載されました。

血液数滴で超早期発見

ごく初期でも分泌 マイクロRNAから特定

Feb 1, 2019

Sakon RAHONG先生が、タイのInventor’s Dayにおいて、学位論文「Nanowire Structures Embedded in Microfluidic Channels for Biomolecules Manipulation and Analysis」の内容について、the Dissertation Awardを受賞されました。誠におめでとうございます。

Jan 28, 2019

安井先生のナノワイヤによるバクテリア単一細胞破砕と単一細胞識別に関する論文が、ACS Nanoに採択されました。誠におめでとうございます。

Takao Yasui, Takeshi Yanagida, Taisuke Shimada, Kohei Otsuka, Masaki Takeuchi, Kazuki Nagashima, Sakon Rahong, Toyohiro Naito, Daiki Takeshita, Akihiro Yonese, Ryo Magofuku, Zetao Zhu, Noritada Kaji, Masaki Kanai, Tomoji Kawai, Yoshinobu Baba, 
Engineering Nanowire-Mediated Cell Lysis for Microbial Cell Identification
ACS Nano, 2019, in press.

Jan 25, 2019

九州大学・柳田先生、大阪大学・川合先生、国立がん研究センター研究所・落谷先生との共同研究成果が、文科省ナノテクノロジープラットフォームの平成30年度「秀でた利用成果」に選出された記事が、科学新聞に掲載されました。

文部科学省 ナノテクノロジープラットフォーム事業

秀でた研究成果 選出

Jan 21, 2019

渡慶次先生(北海道大学)との血液中の薬物解析のためのマイクロデバイス開発の共同研究に関する論文が、Lab on a ChipのBack Coverに選ばれました。誠におめでとうございます。

Keine Nishiyama, Kanako Sugimura, Noritada Kaji, Manabu Tokeshi, Yoshinobu Baba,
Development of a Microdevice for Facile Analysis of Theophylline in Whole Blood by a Cloned Enzyme Donor Immunoassay
Lab on a Chip, 2019, 19, 233-240.  DOI: 10.1039/c8lc01105b

Jan 16, 2019

九州大学・柳田先生、大阪大学・川合先生、国立がん研究センター研究所・落谷先生との共同研究成果が、文科省ナノテクノロジープラットフォームの平成30年度「秀でた利用成果」に選ばれました。誠におめでとうございます。

受賞課題 ナノワイヤを用いた尿中細胞外小胞体捕捉

文科省ナノテクノロジープラットフォームは、3000件に上る利用課題の中からイノベーションに繋がることが期待できるなど特に秀逸な成果として、5件の秀でた利用成果を決定しました。授賞式は、1月30日にnanotech2019(東京ビッグサイト)で行われます。
https://www.nanonet.go.jp/ntj/topics_gov/?mode=article&article_no=4594

Jan 9, 2019

安井先生が、日本化学会 第68回進歩賞を受賞されることが決まりました。誠におめでとうございます。

受賞業績:ナノ空間制御によるバイオ分析法の革新

Jan 1, 2019

内閣府ImPACTの研究成果が、科学新聞に掲載されました。

今年の展望2019 起こせるか日本発のイノベーション

AI利用する無年に 高感度センサー ウイルス検出に威力